大阪平野ロータリークラブ

クラブの活動

第2回若手塾

2016.11.25

平成28年11月24日、「第2回 大阪平野ロータリークラブ若手塾」が開催されました。今回はクラブフォーラムに引き続き、そのまま例会会場にて行われました。

中村会員のガイドのもと、、友藤会長の挨拶に続き、始まりました。第1回目と違い、今回は会員のみを対象としたもので、約20名の会員が参加しました。

今回の講師は西村会員です。テーマは「社会保険労務士として 採用事務に思うことⅡ」で、10月の当会員の卓話の続きになっています。。

パワポのレジメに添って、面接、雇用契約、試用期間について講義がありましたが、今回は一方的な講義形式ではなく、疑問や意見をぶつけ合う双方向形式となりました。テーマもレジメの内容に限らず、有給休暇や残業代、退職勧奨に関する話など、労務管理における様々なテーマが取り上げられ、いつもの卓話とはまた違った、若手塾らしい一つの姿になったのではないかと思います。

そんなこんなであっという間に2時間が経過し、福田青少年委員長の挨拶で無事、閉会となりました。

(編集雑記)
図らずも、第2回目は小生(西村)が講師を務めることとなりました。うまく行ったかどうかは分かりませんが、中村さんの卓越したガイドと、残っていただいた会員の皆様の活発な質問や意見により、一定の成果が出ていれば嬉しいことです。今後、若手塾がどのような姿になるのか、ますます楽しみです。