大阪平野ロータリークラブ

会長挨拶

1

「向上心を持ち、手を取り合って行動しよう」
大阪平野ロータリークラブ会長 矢地 浩治

 
2020~2021年度46代大阪平野ロータリークラブ会長を拝命いたしました矢地浩治でございます。
今年度国際ロータリー会長ホルガー・クナーク氏は2020~21度の会長テーマとして、「ロータリーは機会の扉を開く」を発表されました。ロータリーとは無限の機会への招待であると述べられています。奉仕の行いはその大小にかかわらず、助けを必要とする人たちのために機会を生み出すものであると、更に、この機会をとらえることによりロータリーを成長させ、より強く、適応力を高め、中核的価値観により沿ったロータリーとなるのです。このように力説されました。

今年度の国際ロータリー第2660地区ガバナーは簡 仁一氏です。地区スローガンは、
*ロータリーの基本を再認識して
*ロータリアンとしての誇りと自信を持ち 
*一緒にロータリーの未来を創っていきましょう。
そういう意味を込めて(BACK、To the FUTURE)~基本的に戻って、未来へ~ であります。

今年度大阪平野ロータリークラブ会長として掲げたクラブ目標は、ロータリアンとしての誇りと自信を持ち、~ロータリーでこそ出来る奉仕活動から感動を得られる機会に、そして魅力あるクラブへ~ そんな気持ちを集約して「向上心を持ち、手を取り合って行動しよう」とさせていただきました。向上心とは「現在の状態に満足せず、さらなる高みを目指し努力する心」を意味するものです。
思いやりの心を持っているだけではロータリアンではない、人が求めるところを洞察し、共感し、理解し、そして手を差し伸べる「行動」があって初めてロータリアンであります。昨今のコロナ禍で先行きは見えませんが、今こそ会員一人一人が知恵を出し合い、励ましあい前向きに進んでいきましょう。そして奉仕の理念をしっかり胸に刻み、感動し涙するような奉仕活動に今年一年全力を尽くしてまいりたいと思っております。


大阪平野ロータリークラブ
第46代会長 矢地浩治